【まとめ】8年のWordPress運用でつかんだ注意点

【まとめ】8年のWordpress運用でつかんだ注意点

WordPressとはCMS(コンテンツ管理システム)のひとつであり、現在、世界中のホームページの1/3がWordpressで作られていると言われています。

昨今の企業ホームページでもWordpressを採用するケースがかなり増え、お客様が伝えたい情報を手軽にタイムリーに発信するには最適な選択肢といえます。
しかし、猫も杓子もWordpressという今だからこそ、導入には細心の注意を払っていただきたいのです。

WordPressでお客様のホームページを制作している弊社だからわかること。

お客様が少しでも更新しやすく、効果的なホームページ運営ができるよう、Wordpressのカスタマイズに心を砕く弊社だからいえること。

弊社は2011年よりWordpressでのホームページ制作と運用で実績を積み、相応のノウハウがあります。そんな弊社が、Wordpressでのホームページ制作を検討される際の注意点をまとめました。

1初心者でも簡単に使える“便利ツール”ではない

WordPressは、一定のITスキルを持った人を対象にしており、初心者でも使えるようにするには、相応のカスタマイズが必要です。

特に、都内のウェブ制作会社に発注した場合、発注側のITスキルも高い傾向にあるだけでなく、発注側が運用部署を持つ場合もあるため、わざわざ初心者向けにカスタマイズしない場合が多いです。制作会社を選定する際には、そういったユーザーへの配慮具合を事前によく確認しましょう。

2機能をわざわざ追加しないとほぼ使えない

インストール直後のWordpressは、画像の差し替えさえできません。企業サイトによく見られるお問い合わせフォームの機能さえもありません。

WordPressは“プラグイン”という拡張機能を追加することで、適切なウェブサイトに構築していきます。プラグインは世界中の開発者によって膨大な数(※2019年7月時点で54,804個!!)が開発され、機能や品質面において玉石混交です。

せっかく採用したプラグインでも、数年で開発が停止してその後の運用に支障をきたすこともあります。また、プラグインにもセキュリティ問題(脆弱性)が発覚した場合は、Wordpress本体と同様にバージョンアップが必要です。さらには、Wordpress本体のバージョンや他のプラグインとの相性によって不具合が起きる場合もあります。

膨大なプラグインの中から安全で最適なものを選ぶには、制作ノウハウだけでなく運用ノウハウも必要なのです。

3マニュアルはほぼ無い

WordPressには簡単なヘルプ機能はついていますが、決して初心者にわかりやすいものではありません。前述のとおり、企業のホームページ向けにはカスタマイズして使うのが前提となるので、実質、マニュアルはありません。

カスタマイズした内容にあわせて、しっかりとマニュアルを整備する制作会社なのかどうか?

制作会社を選定する上で重要な選定基準です。

4日本語環境も含めたカスタマイズが必要

WordPressは海外製のソフトなので、場合によってはプラグインを翻訳して使用するなど日本語環境にあわせたカスタマイズが必須です。

例えばインストール直後では、URLに日本語を使えてしまいます。URLに日本語を含むのは検索エンジン対策としては良い事とされていますが、TwitterやFacebookなどでシェアした時にURLとして認識されないなどさまざまな問題があるので現在ではあまり浸透していません。

こういったトラブルを未然に防ぐためのカスタマイズまで気配りされているかどうかが重要です。

5造りのマズさは外見からではわからない

WordPressはホームページの構造から管理画面の造りまで、構築の自由度がかなり高いです。

気の利いた制作会社が作ると気の利いた管理画面になりますが、気の利かない制作会社が作ると、複雑で更新しづらい管理画面になってしまうので注意が必要です。

以下はよくあるパターンです。

 

  • 初心者には難解なタグを手打ちさせるような更新方法。
  • 更新したい箇所なのに、更新できない造りになっている。
  • 不要な項目(使わない機能)が管理画面にたくさんあって混乱する。
  • 管理画面の一部が英語のまま。

 

最も注意すべきは、こういった品質がホームページの外見からではわからない点です。

自分たちで更新したい場合には、けしてホームページの外見だけを評価してはいけません。

マニュアルと同様に、管理画面の造りまでチェックして“制作会社の気遣い具合”を評価するのがベストです。

6管理する人材が不可欠

WordPressは“CMS(コンテンツ管理システム)”であり、データベースをはじめサーバ環境のさまざまな条件に依存します。

それだけでなく、セキュリティ対策として定期的なメンテナンスも必要になります。

システムとして稼働させる以上、管理する人材(エンジニアなど)が不可欠なのです。

通常、レンタルサーバ会社はサーバのみの管理であり、サーバ上で稼働しているWordpressなどのウェブアプリケーションまでは面倒を見てくれません。また、Wordpress自体が低予算に抑えるための選択肢であり、ランニング費用もそれなりの場合が多いです。

結果的に、Wordpressの運用サービスは“売上の割に手がかかる”ので、あまり積極的ではない制作会社も多いです。

ホームページの制作だけでなく、Wordpressの運用面までサービスが整備されているかどうか?
制作会社の選定基準として、忘れないよう注意が必要です。

7意外に運用コストがかかる

WordPressは“OSS(オープンソースソフトウェア)”と呼ばれ、ライセンス費用が発生しないソフトウェアであり、フリーウェアと同じような感覚で使用できます。しかし前述の人件費も含め、定期的なメンテンス費用も含めると決して安いものではありません。

自分達でどれぐらい更新するのか?更新を委託した場合とでコストの比較をオススメします。

更新を委託した方が安く済む場合、コストやリスクを抱えてまでわざわざWordpressで構築する必要もありません。そういった運用コスト面でも制作会社が相談に応じてくれるかどうか?選定基準としてもよいかもしれません。

8発注側にもセキュリティ意識は不可欠

WordPressは、世界中のウェブサイトの1/3を占めるほど広く採用されている分、裏を返せばハッキング対象にされる確率が高いと言えます。

しかしながらWordpressは、定期的にバージョンアップしないとセキュリティを担保できません。これはWordpress本体だけでなく、プラグインについても同様です。

これらのセキュリティコストについては、定期的なバージョンアップの予算を見込むことが重要です。つまり、予算を確保する発注側にもセキュリティ意識は不可欠なのです。

9自分たちで更新する範囲を絞る

お客様からよく「全てのページを自分たちで更新したい」という要望をいただきますが、
その場合、お客様でも更新できるように、悪く言えば簡素な造りのページにせざるを得ません。

モバイル対応が当然とされる昨今では、お客様がウェブページを更新するのはさらに面倒になっています。

お客さまがよく更新するページ、あまり更新しないであろうページを分類して、スパッと割り切って制作会社に委託することが大切です。

企業のホームページでブランドイメージを損なうことなく、一定の品質を担保するには必要な決断です。

10有料テーマには注意が必要

WordPressには“テーマ”と呼ばれる、手軽に外観を切り替えられる機能があります。

世界中でさまざまなデザインのテーマが数多く開発され、その多くが無料配布されています。

テーマには独自の機能を持つものもあり、特に有料で販売されているテーマは機能が豊富です。

WordPressでのホームページ制作費用を抑えたい場合には、ぜひ検討したい選択肢です。ただし、有料テーマは高度な造りとなっている場合が多く、カスタマイズするのは難しいです。

また、運用中に何らかの問題が発生した場合、テーマの開発元に問い合わせることになり、制作会社を介して有料テーマを採用した場合は責任範疇が複雑になりやすいので注意が必要です。

つまり、有料テーマはそのまま使えばとても有効ですが、ホームページを改修する時は確実に足枷になります。

弊社でも有料テーマをオススメする場合がありますが、総じて以下の場合には向いています。

 

  • とにかく低予算で制作したい場合
  • ホームページ制作会社に委託せず、自分達だけでホームページを制作する場合
  • ランディングページなど、長期間運用しない場合
  • コンテンツを拡充したり、機能を追加することがない場合

11画像編集はニガ手

WordPressは便利なCMSではありますが、画像の加工は得意ではありません。

画像でボタンを作ったり、写真の明るさを調整するには画像編集ソフトが別途必要です。

この点については弊社のお客様からもガッカリする声をいただいてしまいますが、CMSだからといって、自分達だけで全てまかなえるわけではありません。

更新を委託する予算も確保することをおすすめします。

画像加工はプロと素人で差が出やすく、安易に手を出すとお客様のブランドイメージを損なうことにつながります。

12レンタルサーバー会社は社名で選ばない

レンタルサーバー会社選びで迷ったら、さくらインターネットもしくはエックスサーバーをオススメします。

これは、お客様が契約されたサーバーを何社か経験させていただいた上での結論です。

有名だからという理由だけでレンタルサーバー会社を選ぶのはオススメしません。

一般の方がよく耳にする社名の会社でも、機能が不足していたり融通が利かない仕様のために運用に手こずる機会がいくつかありました。

オススメした2社は技術力が高く、比較的安価な割にWordpressを長く安定運用しやすい環境が整備されています。Wordpressを運用しない場合でもオススメです。

まとめ

WordPressでのホームページ制作・運用について、さまざまな注意点があることがおわかりいただけたと思います。

世の中に星の数ほどある制作会社の中から、これらをクリアして適切なアドバイスをくれるような制作会社を見つけるのは大変です。

自分たちで更新できるホームページをお考えなら、アサヒコミュニケーションズをぜひご検討ください。

2019年7月31日  研究テーマ:, ,
ページの上部へ