Facebook広告で過去最高の費用対効果【立教大学大学院の事例】
事例
学校業界 [立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 様]

Facebook広告で過去最高の費用対効果

この事例を5秒で理解
  • 極少ターゲットに費用対効果の高いFacebook広告の事例
  • Facebook広告で効果的なバナー・動画広告のクリエイティブ事例
  • SNSマーケティングで費用対効果をあげるポイントの事例
Facebook広告で過去最高の費用対効果【立教大学大学院の事例】
立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 様
立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 様
ゼネラリストのスペシャリストを育成する立教のMBA/ビジネスの構想力と戦略的思考を育成・開発するMBAコースであり、意欲あるビジネスパーソンを対象にしたビジネススクール型大学院です。

費用対効果を優先してFacebook広告を選定

Facebook広告(SNSマーケティング)の概要

主要広告(広報)メディアに「Facebook広告」を選定
主要広告(広報)メディアに
「Facebook広告」を選定
目的 進学相談会(説明会)の参加者増による受験者数拡大
ターゲット MBA取得を考える社会人(500人に1人)と大学生
広告メディア 細かくターゲティングできるFacebook広告を運用
※画像広告、カルーセル広告、動画広告
業務範囲 企画・設計、ランディングページ制作、広告バナー・コピー制作、Facebook広告運用代行
備考 3ヶ月間の短期SNSマーケティング

Facebook広告で効果をあげる
基本的な運用

Facebook広告によるプロモーションの流れ
ターゲットの確認
Facebook広告でアプローチするターゲットを調査し数種類に分類
LPの制作
ターゲットに合わせた情報を整理したランディングページ(LP)を制作
Web広告(SNS広告)の選定
効果がでやすいSNS広告をシミュレーションし(Facebook広告)決定
SNS広告の設定
顕在層、潜在層それぞれのアプローチを広告グループごとに設定
クリエイティブの制作
ターゲットが反応するクリエイティブ(コピー、画像、動画)を想定して制作
SNS広告の運用代行
費用対効果の高いクリエイティブを露出し、効果がないものは停止するなど調整
運用代行レポート作成
次回以降のFacebook広告の運用に活かせる改善点を精査したレポートを作成

Facebook広告の結果
(費用対効果まとめ)

Facebook広告の結果(費用対効果まとめ)

Facebook広告を選ぶ上でターゲットの精度は最大の特徴になりますが、逆にYahoo!やGoogle広告と違い訴求できるボリュームが少なくなる点をどう考えるかが今回のSNSマーケティングのポイントと考えました。結果的には過去最高値を更新。広告の出稿範囲、広告の量、ターゲットの絞りこみ、広告クリエイティブの最適化を短期サイクルで調整したことが、費用対効果の高い結果につながったと考えています。広告グループの中には20件以上のWebエントリー(コンバージョン)で獲得単価が1,600円台というクリエイティブもありました。
Facebook広告によるSNSマーケティングで、4期に渡り前回の「説明会」参加人数を更新し続けている状況です。

費用対効果を高める
Facebook広告のポイント

費用対効果を高めるFacebook広告1ターゲットの状況を知る

Facebook広告の対象者は、大学院進学(MBA取得)を検討している社会人と学生のため、ピンポイントな広告訴求とターゲティングの精度が重要になります。

例えば、500人に1人の
限定アプローチをするには…

500人に1人の限定アプローチ

イメージとしては1,000人に2人(0.2%)のターゲットに対して、費用対効果の高いアプローチが実施できるかがポイントになります。そのため表面的なターゲティングではロスが大きいため、念入りなヒアリングからターゲットの思考、行動属性を細かく想定しターゲットをしぼり込んでいくことも重要です。

費用対効果を高めるFacebook広告2ターゲティングの精度で選ぶ

SNS広告では業種や目的、ターゲットの特徴など、総合的に絞り込んでアプローチできる広告か相性を見極めることが重要になります。立教大学大学院では極めて少ないターゲットが絞りこめるSNS広告(Facebook広告)であるかが大切なポイントになりました。Facebook広告の場合、アプローチできる人数はYahoo!やGoogle広告と比べて少ない分、ターゲットの精度が高いアプローチが可能になるメリットがあります。
Facebook広告は実名での利用率が最も高いSNSであるだけでなく、学校名や役職など、他の広告では分類できないターゲティング機能があるため、費用対効果がアップできる事例が増えてきています。

ターゲティングの精度で選ぶ

※Facebook広告を選ぶ際に注意する点は「ターゲットが細かく設定できても、実際にアプローチできるとは限らない(アプローチできるターゲット数が確保できない)」点にあります。

費用対効果を高めるFacebook広告3広告表現は限定する

広告表現は限定する

限られたターゲットに響く表現を考えた場合、ターゲットにしか響かない独自メッセージを設定することが反響を得るポイントになります。そのため、Facebook広告のクリエイティブ制作についてはイメージとコピーの両面で設計し、時に動画やスライドショーで動きのあるクリエイティブを入れてみるのも効果的です。適切なイメージ(バナー、動画)とコピーの組み合わせで、費用対効果の高い広告運用が可能になります。

費用対効果を高めるFacebook広告4読みやすいLPを制作する

読みやすいLPを制作する

Facebook広告を出稿してLP(ランディングページ)に誘導しても「広告内容とLPが連動していない!」、「欲しい情報が見つからない!」、「他社サービスとの違いがない!」などの理由で訪問者は即離脱していきます。広告のデザインやコピー同様に、広告クリック後の流れも重要です。ストレスなくWebエントリーまで誘導できるか、ランディングページの最適化(LPO)が成果導線づくりの仕上げとなります。精度の高いターゲティングと優れたクリエイティブ、そしてアクションしたくなるランディングページがあって、初めて費用対効果の高いSNSマーケティングになります。

費用対効果を高めるFacebook広告5広告代理店選びは
運用力で決める

広告代理店選びは運用力で決める

ターゲティングやデザイン品質が高くても、運用で結果は大きく変わってきます。一般的に代理店は手数料の中で運用しています。代理店を選ぶ時に手数料(%)の高低だけで決めてはいけない理由がここにあります。SNS広告(Facebook広告)は、代理店(運用)を変えるだけで200%以上の費用対効果が出ることも珍しくないからです。そのため代理店は手数料(%)の低さで選ぶよりも、小まめに手がかけられる体制があるか、低予算で効果を出した事例があるか等の確認が重要になります。
※十分な改善運用を行う広告予算は、大手代理店の場合は月間100万円以上が目安と言われていますが、低予算でも親身に運用してくれる代理店も最近はでてきていますので弊社も含めてご検討ください。

費用対効果の高いFacebook広告運用まとめ

Facebook広告で費用対効果の高い運用を行うには、ターゲットが行動するための細やかな導線設計が必要です。選ばれる代理店には、ターゲティングを含めた「クリエイティブ力」と「小まめな運用力」があります。任せられる代理店を選び、目的を共有したパートナー関係を築いていくことが費用対効果を高める一番の近道になります。
※弊社ではトライアルから実施いただける「お試しWeb広告サービス」を10万円からご用意していますのでご検討段階からご相談ください。概算見積もりから実施レベルの見積もりまでお気軽にどうぞ。

Facebook広告の無料
シミュレーションしてみる

お見積りやご相談

実績

  • ランディングページ
    ランディングページ
  • 広告クリエイティブ各種(デザイン・コピー)
    広告クリエイティブ各種
    (デザイン・コピー)
  • Web広告の代行運用(Facebook広告・Googleアドワーズ)
    Web広告の代行運用
    (Facebook広告・Googleアドワーズ)

 

  • パンフレット1
  • パンフレット2
  • パンフレット3

パンフレット

サービス事例インターネット広告
(Web広告運用代行)

クリエイティブで最適化するWeb広告運用代行

クリエイティブで最適化するWeb広告運用代行

一般的なWeb広告代理店と大きく違うところは、Web限定の狭いプロモーションではなく、「Web×紙」の総合的なクリエイティブでプロモーションが可能な点にあります。そのため新聞折込、ポスティング、新聞広告、交通広告、TV・ラジオCM等々を活用した費用対効果の高いプロモーションもご提案が可能です。
オンラインではリスティング広告やディスプレイ広告をはじめ、Facebook広告、Instagram広告、その他業界特化型DSPのWeb広告の運用代行を行っています。
初めてインターネット集客をお考えの方でも低予算で始められる〝10万円からのWeb広告お試しキャンペーン〟も期間限定ですが始めましたのでご相談ください。

期間限定の
お試しキャンペーン

「Web広告」費用
10万円~

ご提案だけでもOK!
「Web広告運用代行」

お見積りやご相談

サービス事例ホームページ
(ランディングページ)制作

目標必達型の「ランディングページ制作」

目標必達型の「ランディングページ制作」

多くの予算を投じてインターネット広告に出稿しても、肝心のランディングページをおろそかにしては、十分な成果は得られません。ランディングページとは、お客様の商品やサービスの魅力が端的にまとめられた、最も訴求力のある(購買につながる)ページであるべきです。
お客さまへのヒアリングや競合分析を通じて、お客さまの特徴や強みが的確に落とし込まれた訴求力の高いホームページ(ランディングページ)を制作いたします。

「ホームページ制作」費用
25万円~
※ご支給データやご要望により価格は前後します。

成果導線のある
「ランディングページ制作」

お見積りやご相談

サービス事例クリエイティブ全般

広告媒体を組み合わせて、集客手段を“最適化”

広告媒体を組み合わせて、集客手段を“最適化”

インターネット広告やホームページのほか、チラシ、ポスター、ノベルティ、DM、ポスティングなど、教育業界に必要な集客手段に幅広く対応し、それらを適切に組み合わせることで、お客様の広告予算内で最大限の効果を創出します。
また、弊社は印刷工場を保有しているため、企画構成から取材、編集、撮影、コピーライト、デザイン制作、印刷、製本、加工、封入・封緘、各種広告配布(設置)、物流、倉庫保管まで自社完全ワンストップ体制で大幅なコストダウンを実現します。

集客手段を最適化!
「企画・プランニング」

お見積りやご相談
ページの上部へ
閉じる お問い合わせ メール相談する