お客さまの困りごとを、お客さまと一緒に解決する。
集客に特化したホームページ
私たちの「印刷業としての100年の経験」で導き出した結論を、このページをご覧の方にだけお教えします! 「集客に特化したホームページ」を考えました。中小企業向け「1Webサイト=1目的」の法則をご存知でしょうか?御社のホームページの「目的」は、何ですか?「集客」に特化したい方だけご覧ください
「御社のホームページの目的は?」
御社のホームページの目的は何ですか?そう聞かれたときに、ハッキリと「○○○!」と答えられれば問題ありませんが「???」となってしまう方は要注意です
多くの場合は「とりあえず、あったほうがいいから」であったり、
「業務内容の説明はホームページ見てもらった方が早いから」などなど・・・
「成果を出さないホームページは、ハッキリ言ってコストの無駄です。」

当然、B to Bの商売なのかB to Cの商売なのかによって
求められる「成果」は異なります。
しかし、共通した根本的な目的は最終的に「売り上げを上げること」だと思います。

・もっと、会社の存在を知ってもらいたい
・もっと、会社の業務内容を知ってもらいたい
・もっと、会社の商品の良さを知ってもらいたい
・もっと、会社、商品の価値を上げたい
・もっと、商圏を拡げたい
・もっと、直接は聞きづらい、言いづらい「お客様の声」を知りたい
・もっと、いちいち営業マンが対応していたら仕事にならない問い合わせとか、効率的に対応したい

などなど・・・

全ては、その「もっと」を最終的に「売上げを上げるため」というところに繋げるためのホームページということになります。

御社のホームページは成果が出ていますか?51%出ていない。お問い合わせもほとんど来ない 26%分からない。何をもって成果なのか分からない 13%出ている。出ていると思う
御社の商売はどのタイプですか? 49%BtoB  34%BtoC  17%どちらとも言えない

上のアンケート結果から察するに、多く場合、業務内容とホームページの構成や内容が合っていないように思われます。
ホームページは目的に合ったつくり方をしないと成果が出せません。

・全体の構成
・ページ構成
・コンテンツ内容
・機能
・導線設計
・ホームページへの誘導方法

その他にも色々とホームページをかたち作る要素は沢山あります。

それらをどう組み合わせていくかは、「ホームページで○○○がしたい!」という明確な目的がないとどうにも定まらず、中途半端なものができてしまうのです。

最終的に「売上を上げたい」のであれば、それに合うホームページをつくらなければ成果は出ません。
中小企業は大企業に比べて、認知度が低いため「内容を基本的に知られていない」ことを前提としなければなりません。
同業他社よりも何が優れているのか、自社の商品や自分自身の売りは何なのか、「選んでいただく理由」を分かりやすく掲載する必要があるのです。
「Webに効果を求めるのであれば・・・」
実際のところ、やっぱり気になるのは費用だと思います。いくら効果が出せるといわれても、そんなに費用は出せないよ・・・と思う方も少なくないと思います。しかし!安いのには必ず理由があります。高いのにも必ず理由があるのです。
「Web制作を専門でやっている会社」の方が慣れてるし数をこなすから安い!
・・・とも限りません。
残念ながら多くの場合は「作るだけ」です。
アフターサポートもなかったり、電話相談を月2回までなど冷たい事務的な対応ばかり・・・
成果を出して、効果を高めるのには「作ってから」が大事なのに、「作ったら」終わりになってしまいます。

そんなことでは成果は出ませんし、効果も高まりません。

人間でもそうですよね。
「三つ子の魂、百まで」
生まれた後、人格形成までの間にどう過ごすかがその後の人生に大きく関わってきます。

Webサイトも実は同じなのです。

弊社は、「作ること」もじゅうぶんなヒアリングをさせていただきしっかり制作させていただきますし、
お客さまの業種、業態に合わせて「目的」を満たせるような紙媒体との連動のご提案もさせていただきますしアフターフォローはもちろん、アクセス解析と分析による中長期プランの設計、ご提案、サポートもさせていただきます。

「ホームページとは、育てていくもの。」
私たちの「印刷業としての100年の経験」で導き出した結論を、このページをご覧の方にだけお教えします! 「集客に特化したホームページ」はこれです。
成果が出て効果が高まるホームページ、是非一度お試しください。お問合わせ、お申込み、その他ご不明な点はお問合わせください。
お問い合わせ
ページの上部へ
お問い合わせ