伝わる研究所 伝わる研究所とは? 伝わる研究所 伝わる研究所

広告もサービスも…『パーソナライズ化』~成功の鍵は「新しい価値」

広告もサービスも…『パーソナライズ化』~成功の鍵は「新しい価値」

 

今、世の中は『パーソナライズ』ブーム!と断言できるほど、
『個』に対しての発信やサービスに溢れています。

 

「すごーい、ちゃんとわたしのことわかってる!」
「えーっ、何でわかるの~?嬉しい!」などポジティヴに感じたり、
「ちょっと怖い…不快だ」
「そこまでやられると、本当に迷惑…」などネガティブに感じたり、
日常生活の中でそんな風に感じること、ありませんか。

 

『パーソナライズ』とは?

調べてみると、「個人の興味や関心、行動に合わせてサービスを最適化すること」
と書かれています。

では具体的に、どんなものが『パーソナライズ』されているのか。

 

例えば、ウェブサイトを検索して閲覧すると、
そのサイトの広告がしつこく表示されたり、関連広告がでてきますよね。

 

これはリターゲティング(リマーケティング)広告(※1)と呼ばれるものですが、
一度ウェブサイトに訪れたユーザーをマーキングし、
そのユーザーが、他のサイトを閲覧している時に広告を出すという手法ですが、
広告もマス広告から、狭告の時代(パーソナライズ)へシフトしています。

 

(※1)主要ネットワークとして、GoogleとYahoo!があげられますが、それぞれ呼び方が異なり、 Yahoo!はリターゲティング、Googleはリマーケティングとなります。ちなみにFacebookはリマーケティングとして分類。

 

また、美容やファッション業界でも『パーソナライズ』が顕著です。

化粧品などは、あなたのお肌にあわせて商品が選択できるなど
『パーソナライズ』をいち早く導入していますし、
前回の記事 『やり過ぎ「お客様第一主義」がもたらすエンゲージメント』 で紹介した
さいたま市の美容室も、サービスを『パーソナライズ』しています。

お客さまの趣味嗜好、ライフスタイルなどを把握し、ニーズに応えていく。

 

またファッション業界では、最近よく耳にする『パーソナルスタイリング』。

オンライン上で申込、スタイリストが選んだ服が届くというサービスが人気と
メディアでも紹介されていました。

「自分に似合う服」が毎月届くという、今までない「新しい価値」の提供。

何が届くかわからない、ワクワク・ドキドキ感も人気となった要因のようです。

 

「新しい価値」と言えば…
近年、大成功を収めたキャンペーン事例を1つ紹介します。

今も継続して行われていますが、コカ・コーラ社が実施した
ラベルに名前を印字して販売するという「ネームボトル」キャンペーン。

世界中で話題となり、販売開始から5週間で1億本以上を売り上げました。

なぜこんなに売れたかというと…

 

  1. コカ・コーラ好きでない「非顧客」も『自分の名前』のボトルを欲しがったこと。
    嫌いなものを自然に「買いたい!」というマインドにシフトさせた。
  2. ネームラベルにより「ギフト」としての需要、新しい価値が生まれた。

 

100年以上もブランドとして認知され、ある意味、普遍的な存在が、
ネームラベルだけで新しい価値を生み出すことが驚きですね。
家族や友達、恋人の名前を探して購入、プレゼントするという社会現象も話題になりました。

 

これも『パーソナライズ』です。

 

今後B to Cはもちろん、B to Bにおいても
新しい価値を生み出す『パーソナライズ化』が加速していくでしょう。

企業は蓄積された知識を保有しつつ、今までの常識を疑い、
そこから飛躍する新しい発想やアイデアで、
顧客のニーズにスピーディに応える時代になります。

 

お客さまの困りごとをお客さまと一緒に考える。
そして、お客さまへ「新しい価値」の提供を。

アサヒコミュニケーションズもお客さまの課題に
『パーソナライズ』でお応えしていきます。

日時:2016年12月5日  カテゴリー:企画部
ページの上部へ
お問い合わせ