伝わる研究所 伝わる研究所とは? 伝わる研究所 伝わる研究所

【残念】これだけはやめたいwebデザイン【あるある】

【残念】これだけはやめたいwebデザイン【あるある】

 

よそのサイト見て「あちゃ~」ってコト、ありますよね?

インターネットが生まれて早や数十年、ウェブデザインもスキューモーフィックデザインだミニマルデザインだフラットデザインだとずいぶんと様変わりしてきました。
そんななかでも時代に色あせることなく連綿と受け継がれていく“NGなウェブデザイン”。
今回は、そんな「あちゃ~系ウェブデザイン」をピックアップ。「人のフリ見て我がフリ直せ」じゃないですが、できるかぎり気をつけたいものです。
せっかくの伝えたい内容が、ねじ曲がって伝わっちゃいますよ!

 

◆“アツい思いが空回り”型

トップページにFlashムービーと「Enter」のボタン
昔はどこのサイトもそうでした(遠い目)。ドアページ(スプラッシュページ)というやつですね。たまに見かけるとノスタルジーを感じます。今ではSEO的に不利なのでやめましょう。
IT系のサイトで、“ノートPCとかキーボード”のイメージ画像
すごく…IT感が漏れ出ちゃってます。イマドキは“IT”ではなく“ICT”といいますんで、機械よりも人間味のあるモチーフでいきましょう。
IT系のサイトで、黒い画面に緑色の文字で“プログラム”が流れるイメージ画像
今さら映画「マトリクス」の影響でしょうか。0とか1がこれでもかというぐらいにびっしり。ハイテク感を匂わせたいつもりがすごく…アングラ感が漂っちゃってます。やっぱりIT系のモチーフって難しい。

 

◆“残念!もうひといき”型

しこたま見たことのある素材画像
画像素材のうち、どちらかといえば人物や家族の画像素材はバリエーションが少ないので、「あーまたこの人かぁ。ここまでくるとちょっとした有名人だよね(笑)」となります。撮影とか素材購入に予算を割けない苦労が伺えます。南無。
電話のアイコンが昔のダイヤル式黒電話
お問い合わせボタンによくありますね。昭和生まれにはわかりやすく、平成生まれにはノスタルジーというハイブリッドなデザインになります。
リンクじゃないのに下線で強調しちゃう
リンクだと思ってマウスのせるけど反応しない…。クリックしたいのにクリックできない、ツンデレ系デザインになります。

 

◆その他

最新ニュースの見出しが“infomation”
スペルミスあるあるですね。間違えたままのサイトがたくさん見つかっちゃうから良い子はGoogle検索しちゃダメだぞ!
「シュミレーション」の誤記
これもよくあります。ローンシミュレーションのページを見ていても、間違い探しに夢中になってしまって内容が全くアタマに入ってきません!!
とりあえず“青空”or“笑顔の家族”の画像を入れとく
デザインとしては無難で手堅い選択肢ですが、デザイナーとして負けを認めちゃってると思います。引き出しが枯れ果てたデザイナーを甘く誘う罠ですね。私もよくやります(爆)

 

以上、残念なデザインの例でした!
最後に、インターネット界に燦然と輝くアート系ウェブデザインの金字塔、「愛生会病院」のウェブサイトをお送りします。(残念ながら現在は閉鎖となってしまったようです。)結果的にここまで人の記憶に残る作品を残したという点で、冷やかし抜きに嫉妬しちゃいます。

日時:2015年8月10日  カテゴリー:WEBユニット
ページの上部へ
お問い合わせ