伝わる研究所 伝わる研究所とは? 伝わる研究所 伝わる研究所

人事ニュース 心に響く言葉

--------------------------------------------------------------

苦しみをともにするのではなく喜びをともにすることが友人をつくる

--------------------------------------------------------------

これは映画「神様のカルテ」(注1)で

学士殿が田舎に帰る際に引用した

ニーチェ(注2)の名言です。

 

意味としては将来どうなるかわからない未来を案ずるよりも

自分で日々直面する課題を解決し、後悔せず、

人生を楽しく輝かせること、苦しいときではなく、

楽しいこと・喜ばしいことを共有することが、

友人をつくるとニーチェは言っています。

 

企業やチーム・部署も同じ。

楽しさや喜び、感動を共有することで、

コミュニケーションが強まり、

仲良くなり意識共有が図れます。

そのほうが、結果として良いものが生まれ、

成長できるはずです。

だからこそメンバー間の「コミュニケーション」が

大事になってくるのだと思います。

 

もし、予期せぬ摩擦が起きたり・起こすメンバーがいたら、

余計なところにエネルギーを使い、

仕事の質が思うように上がらなく、

思った成果が出なくなってしまう。

 

それは、全体にとってもチーム・

個人にとっても大きなマイナスです。

 

だからこそ皆がコミュニケーションを図り

企業を一つのチームにすることが、

ものすごく大切になってきます。

 

映画でもドクトルと学士と男爵がそれぞれの夢や

行っていることに対して議論する場面があり

失敗していても、慰めあい、変に言い訳を付けて

正当化するということを一切しない。

 

自身の好きなことに熱中し、仲間と喜びをシェアし合うことで、

失敗もプラスに変えられるように常に

その事実と向き合いながらも、

あがきもがいているシーンが印象的です。

 

 

自身もみんなと喜びを共有できるよう悪戦苦闘しながら、

日々の課題に取り組み解決し、

人生を輝かせていきたいと改めて

この言葉を読み感じました。

 



 

注1:『神様のカルテ』は、夏川草介による日本の小説

現役の医師である作者が、第10回小学館文庫小説賞を受賞したデビュー作

注2:フリードリヒ・ニーチェはドイツの哲学者

日時:2015年7月23日  カテゴリー:伝わる研究所, 総務人事課
ページの上部へ
お問い合わせ