伝わる研究所 伝わる研究所とは? 伝わる研究所 伝わる研究所

モテる飛び込み営業マンの鉄則

 

こんにちは。 いきなりですが、

『メラビアンの法則』をご存知ですか?

 

『メラビアンの法則』とは、アメリカUCLA大学の心理学者、

アルバート・メラビアンが1971年に提唱した概念です。

 

人物の第一印象は初めて会った時の3~5秒で決まり、

またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ていると言います。

 

初対面で会ったときに受ける印象を決定付ける要素を、

「見た目/表情/しぐさ/視線等」の視覚情報が55%

「声の質/話す速さ/声の大きさ/口調等」の聴覚情報が38%

「言葉そのものの意味/話の内容等。」の言語情報が7%

と言っています。

 

引用―――――――――――――――――――――――――

メラビアンの法則 とはKotobank - コトバンク -

<http://kotobank.jp/word/メラビアンの法則>

―――――――――――――――――――――――――――

 

人と接する仕事をしている方は、

絶対に知っておきたいことの1つです。

 

先日、友人とエレベーターに乗っていたところ、

とても紳士的で素敵な男性と乗り合わせました。

エレベーターを降りた後に友人と「今の男性素敵だったね~」

と言う話をしたのを思い出しました。

 

その男性とは、一言も言葉を交わしていませんし、

知り合いでもありません。

 

ですが、エレベーターに乗っている間だけの数秒間で

私たちに「紳士的で素敵な男性」と言う印象を与えていきました。

その男性が私たちがそのようなイメージをもったのには理由がありました。

 

1.見た目にとても清潔感があり洋服を着こなしていたこと

2.表情がとても優しく落ち着いた表情だったこと

3.携帯電話を見ることなく、綺麗な姿勢で乗っていたこと

4.私たちが乗って目が合った時に軽く会釈をしてくださったこと

5.降りるときも扉をあけ、先に通してくれたこと

6.笑顔で去っていったこと

 

など見た目から立ち居振る舞いまですべてがスマートでした。

このように、言葉を発しなくても十分にいい印象を与えることができます。

 

このメラビアンの法則は人と人で考えられていますが、

お客様にお送りするチラシやDM、ニュースレターでも

同じことが言えるのではないかと考えます。

 

届いたチラシが折れていたり、しわになっていたり、

破れてしまっていたら…受け取った側は気持ちよくありませんし、

中を開けてみる気にもなりませんよね。

 

みなさんが何気なく送っているチラシやDM、ニュースレターを

会社の営業マンだと私たちは考えています。

 

営業マンの代わりにお客様のところに訪問してくれます。

その営業マンが汚れていたらもったいないと思いませんか?

 

アサコミは中身だけではなく、見た目もしっかりと考えます。

単にきれいなだけではなく、お客様に安心して手に取っていただけて、

おもしろいと感じていただけるような、

誠実でユニークなサービスにより力を入れていきます。

 

 

 

アサコミでは定期的にニュースレターを発行しております。

まもなく、「ASAHI TIMES Vol.7」が発行となります。

もうしばらくお待ちください。

 

「ASAHI TIMES」のバックナンバーもご用意がありますので、

ご興味がある方は総合お問合せからご連絡ください。

 

日時:2013年8月23日  カテゴリー:企画部
ページの上部へ
お問い合わせ