伝わる研究所 伝わる研究所とは? 伝わる研究所 伝わる研究所

社会人にとって重要な数字「10,000」(その1)

今日は弊社の2013年度新卒採用説明会です。

ですので、就活生のみなさんへ。

 

いきなりですが、

計算をはじめます。

 

月に働く日数を22日とすると・・・

1年間で22日×12ヶ月=264日。

 

新卒23歳から定年60歳まで37年として、

264日×37年=9768日。

 

業界、業種、雇用形態や個人の働き方によって

もちろん前後はしますが、

社会人として働く日数は「約10,000日」と言えます。

 

この「10,000日」を多いと考えるか少ないと考えるかで、

えられる結果には大きな差が出てきます。

 

考えてみてください。

社会人になるまでの23年間は、

365日×23年=8395日です。

 

上で計算した「社会人としての日々」が9768日ですので、

それと比べて86%です。

ほぼ同じくらいと考えてもいいかもしれません。

 

ある意味では、

「今までの人生」と「これからの人生」はほぼ同じ長さなのです。

 

「どうせ先は長いんだし・・・」なんて悠長なことは言ってられません。

 

だからこそ、しっかり考えていきましょう。

一緒に。

 

その大切な時間をつかう場を、

その大切な時間を弊社で使ってほしい。

 

ともに働いていく仲間を、

私たちも真剣に探しています。

日時:2012年5月15日  カテゴリー:企画部
ページの上部へ
お問い合わせ