新サービス、はじめました。

と言っても少し前から行っていますが・・・

 

それは何か?

当社では必要に応じて、

制作および製作をさせていただいた印刷物の

「使い方マニュアル」の作成とレクチャーを行っています。

 

もっと具体的に言うと、

例えば『クレドカード』を作った後に

一番大変なのはその”浸透のさせ方”です。

そもそも、作った本人でさえ「クレドとは何か?」ということを

全スタッフに納得してもらえるだけの説明ができるかというと、

できない場合も少なくありません。

 

カードを作って、「みんないつも携帯して、守っていきましょうね。」

では、ぜったいに浸透なんてしません。

 

浸透するには、浸透させるための仕組みづくりが必要不可欠です。

その方法も当社でアドバイスなりレクチャーなりをさせていただいております。

 

 

例えば、最近増えてきた『2つ折り名刺』

これも凝ったデザインでいい紙を使っていいモノを作っても、

それを今までの名刺と同じように渡すだけでは

せっかくの効果も半減してしまいます。

 

ふつうの名刺には、ふつうの名刺なりの渡し方が。

2つ折り名刺には、2つ折り名刺なりの渡し方があります。

 

そういうことも経験知が大きく左右しますし、

何かモノを作るときに、多くの人は「作ること」を重要視し

完成したら終了のように思ってしまうことが多いです。

確かに良いモノをしっかりと作ることはもちろん大切ですが、

多くの場合、その「使い方」の方がより重要です。

 

 

100の完成度でできたモノを、25%の魅力しか伝えられないよりも

75の完成度であっても、80%の魅力を伝えられれば、

 

100×25%=25

75×80%=60

と、2.4倍の効果が得られます。

 

これこそが、

”伝える技術”のひとつです。

 

当社がお客さまに対して

お手伝いさせていただきたいのはココです。

これが一番大事ですから。

 

これは印刷を102年やっている当社だからこそ、

とも言えるかもしれません。

日時:2012年2月21日  カテゴリー:企画部
ページの上部へ
お問い合わせ