伝わる研究所 伝わる研究所とは? 伝わる研究所 伝わる研究所

次世代のロールモデル。

 

「ロールモデル」といったら、

自分の成長においてお手本になる、憧れるような存在のこと。

 

言い換えると、

「自分も、○○さんのようになりたい!」がこれにあたります。

 

そして僕たち30代前半の世代は、

就職氷河期第一世代と言われていてそれまでの常識とは

異なる状況を経験してきました。

 

そのためか、

「自分も、○○さんのようになりたい!」と思える先輩・上司が身近にいないのです。

もちろん、

尊敬できる目上の方々はいます。

でも、

「同じように、そこを目指したい」と思えるようなロールモデルはいないのです。

 

くっきりと世代間での違いが大きいように感じます。

世代間が途切れているようにも感じます。

それまで以上に社会が大きく変化をしてきた結果だと思います。

 

会社の外には、います。

でもその多くが起業家です。

 

だからこそ、会社員としてのその線はいっけん連続しているように見えても

途切れているのです。

 

そうは言っても、止まっているわけにもいきませんし

僕は常に「3歩先」を目指して進んでいるつもりです。

 

たとえば職場でちょっと頑張れば、

「1歩先」はすぐにいけます。

まわりよりも頑張り、成果を出せばいいわけですから。

 

さらに少し先に必要になるであろう新しい知識、情報を

その道の第一線で活躍している人に師事して

もっともっと頑張っていけば、職場では頭一つ突き抜けた

「2歩先」にもいけます。

 

でも、「3歩先」。

ここがどうにも難しいのです。

 

色々考えました。

色々悩みました。

 

で、現在たどりついた答えがこれです。

これが最善なのかはまだ分かっていません。

 

今までではありえないくらい手厚く、

「次世代を育てること」です。

 

来年4月に入社してくる新卒新入社員たちに向けた

トレーニングの準備をちゃくちゃくと進めています。

 

みんなが羨む教材を揃えました。

決して高額なものではないのですが、

自分も新卒のときにこんな教育をしてもらいたかった!と

すでにたくさんの人から言われました。

 

もちろん、社外の人たちから。

その人たちも、社会的には若手が憧れるような立場で活躍しています。

 

教材だけではなく、色々なことを仕込中です。

もちろん大いに僕自身の勉強にもなるように考えていますし、

既存社員の人たちにとってもすごく刺激を受けるようなカタチになっていくと

思います。

 

「次世代を育てること」で、「会社を育てる」。

それくらいの気持ちでやっていきます。

 

 

.

日時:2011年11月8日  カテゴリー:企画部
ページの上部へ
お問い合わせ