伝わる研究所 伝わる研究所とは? 伝わる研究所 伝わる研究所

「目線」のチカラ

 

 

こんにちは、採用担当の板垣です。

 

ゆだるように暑い日がつづき、

「激辛ビビンパ」や「冷やし中華」が美味しい季節になりました。

 

もともと好物が「炭水化物」な私ですが、

この季節になると、加えて「アイスコーヒー」が恋しくなります。

 

ご飯や麺で十二分にお腹を満たした後のアイスコーヒー…

この季節だからこその贅沢だと感じています。

 

さて、先週末、

いつものようにつけ麺と牛丼特盛を食べたあと、

隣町の「珈琲専門店」へ行きました。

よく行くお店ですが、店員さんがとても良い印象を与える方なんです。

 

なぜ、そんなに印象が良いのか?

 

それは、

タイミングよく「目が合う」からです。

 ・入店時の「いらっしゃいませ」

 ・退店時の「ありがとうございます」

 ・コーヒーを差し出すときの「どうぞ」 etc…

 

人と話をする際にお互い目が合って会話ができると、   

とても気持ちがよくなるものですよね。

 

 

ちなみに、

この「目線」というのは、

面接の場においても大切なポイントのようです。

 

最近、書店で「就活マニュアル」なるものを読みました。

 

そこには、応募者が面接に臨むときの心得がたくさん紹介されており、

その中に「目線」についても書かれていました。

 

それによると…

「面接官の目をしっかりと見て話をする」と。

目線を意識して話すことで相手に好印象を与えるとのことです。

 

 

しかし、

今まで応募者のかたとお会いしてきたなかで、

一番怖い方…

 それは「じ~っと目を直視してくる方」です。

 

何かこちらが疑われているような気になってしまうのです。

 

 

そこで、

センエツながら私が「就活マニュアル」を作るとしたら、

 

目線の項目はズバリ!

「目線を意識しないこと」です。

 

冗談のようですが私は真剣にそう思います。

 

 

普段の会話をしていくうえで、

自分の考えを伝えようと思えば、自然と目線はあうものです。

 

それを必要以上に目を合わせようと意識してしまうので、

不自然になってしまう方がいるのではないかと。

 

 

伝えたいという思いから生まれる「目線」

それこそが、応募者の方を輝かせるスパイスだと感じます。

日時:2011年7月7日  カテゴリー:総務人事課
ページの上部へ
お問い合わせ